本と生きる

書店員が人生のヒントとなる本を紹介していきます。

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

f:id:imawoikru:20210420073835p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「『すぐやる人』と『やれない人』の習慣」です。

著者:塚本亮

 

 

 

 

 

 

あなたは何事も、「すぐやる人」ですか?

 

変化の激しい現代において、重要なものはスピード感です。

そしてそれは、目の前の課題に対して「すぐやる」ことが出来るかどうかです。

 

本書では、そんな「すぐやる人」の特徴を紹介しています。

 

 

 

・内容

■思考

・「すぐやる人」は頭の中を空にし、脳の負荷を減らす。

 → すぐにメモなどに書いて外部化する

 

■行動

・誘惑に勝つこと

=エネルギーの消費     ⇒  やらない環境に身を置く!

 

・伸びる人はすぐに試す!

 

■集中

・呼吸に集中し、呼吸を整えるだけでエネルギーを集中させることが出来る

脳の活性化 → 瞑想

 

・集中するとは何を捨てるかを決めること

・やることを決めるだけでなく、やらないことも決める

 

■変化

真似をすることを厭わず、技術や知識を習得

・毎日見ている景色は氷山の一角

 → 今の常識を捨て、非常識を取り入れる

 

 

・感想

「神は人間に一つの舌と二つの耳を与えた。喋ることの二倍多く聞けということだ」

古代ギリシャの哲学者 エピクテトス

 

「すぐやる人」は傾聴力が優れています。古代ギリシャの哲学者もいうように、我々は人の話にもっと耳を傾けるべきです。

 

 

本書で紹介されている、やらない環境に身を置くというのは私も実践しています。

仕事や趣味の勉強をしたいなと思っても、家だと、ゲームや音楽鑑賞、テレビ鑑賞をついしてしまい、集中することができません。

なので、そうゆうときは、すぐに外に出る格好に着替えて、近くのカフェに行きます。

カフェに行けば、他の人が私を見ているかもしれないと、人の目に監視されている感覚と、お金を払っているという感覚とで、勉強せざるを得ない状況になります。

 

これは私の考えですが、何をするにしても人は「自分を少し過大評価」しています。

「明日の私ならこれくらいできるだろう」と、組んだ予定はだいだい時間通り、計画通りには行きません。

しかし、それをわかった上で行動できれば、必ず思い通りの行動をすることができます。自分を信頼するなとは言いませんが、一度自分の意志力というものの儚さを認め、本書で紹介されている「すぐやる人」の極意を一度実践してみはいかがでしょうか?

 

 

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

以上です。

 

20代にとって大切な17のこと

f:id:imawoikru:20210419130114p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「20代にとって大切な17のこと」です。

著者:本田健

 

 

 

 

 

あなたは20歳を謳歌していますか?

 

あなたは20歳を楽しんで生きていますか?

 

あなたは20歳を納得のいく人生にすることが出来ていますか?

 

 

 

本書を読めば、かけがえのない20代という人生を最高のものにするためのヒントを得ることができます!

 

 

・内容

■変化を歓迎する

・人生は体験の積み重ね → それにより自分を知れる

   = 変化することでしか自分を知ることができない!

 

 

■愛の意味

愛に関する3つのタイプ

①愛を欲しがる

②ギブアンドテイク

③ただ与える

 

面白い人生を生きるには、自分が傷つく可能性のある場所にあえて行く!

 

 

■自分を受け入れる

なぜ自分をダメな人間だと思うか?

1、人は「グループに属していたい」  = グループ内のルールに従えない自分

2、理想が不当に高い

 

 

■人生の目的

・人生の目的は「感じるもの」

・人生の目的とは「自分にとっての幸せを見つけること」

 

 

・感想

「20代で人生が決まる」と言っていいほどに、20代は価値観の変わりやすい年代であり、これからの人生の土台を作っていく年代でもあります。

 

私は今年で27になりますが、まだまだ理想としていた自分にはたどり着けていないのが事実です。

 

 

あなたもイメージしていた理想の自分に近づけていますか?

 

20代というのは、学生と違って、卒業のない世界へ踏み出す年でもあります。

学生時代なら、「ああ、今年で卒業だから進路決めないとなー」とか、「友達がここの大学に行くって言ってるから、自分もそこに行こう」とか、期限があるから進んでくることができました。

 

しかし、社会人は違います

社会人になり、なんとなくダラダラとした人生を送っていると、「いつの間にかこんな年に!」ということになりかねません!

 

 

 

本書では、20代での変化が成長につながると言っています。

変化とは成長であり、それは違和感の連続だと思っています。

 

新しい職場に転職するという違和感

いつもより仕事が早く終わるという違和感

初めての人に出会う違和感

 

違和感は至るところに潜んでいます。

しかし、あなたがそれを見過ごしてしますと、そこに成長はありません。

日々の違和感に敏感になり、変化を歓迎することが私の思う20代にとって大切なことです。

 

 

 ぜひ本書を読んで、20代にとって大切なこととは何かを知る、ヒントを得ていただけると幸いです。

 

 

20代にとって大切な17のこと (きずな出版)

20代にとって大切な17のこと (きずな出版)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

以上です。

 

妄想する頭 思考する手

f:id:imawoikru:20210418074904p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「妄想する頭 思考する手」です。

著者:暦本 純一

 

 

 

 

 

 

「発想力」とは、、、

 

日々、過ぎていく現代の中において、我々が行っている行動はほとんどが習慣であり、無意識の行動です。

 

そんな中において、何かを生み出す方法。何かに+をするアイデアを加える種となるものが「発想」です。

 

今後、デジタル社会が加速すると考えられる現代で、必要な人材、魅力的な人になるには「発想力」は欠かせません。

 

 

 

・内容

■妄想とは

・「素人のように発想し、玄人として実行する」

 

黒澤明監督「悪魔のように細心に!天使のように大胆に!」

 →悪魔=既知 天使=妄想

 

言語化

・アイデアを明確にするには言語化が最強のツール!

・クレーム(claim)=「主張」「請求」を立てる

 

■既知×既知

・アイデアの源は妄想妄想とは「自分のやりたいこと」

・発想は既知×既知

・既知×既知の組み合わせを増やす!

 → 未知を自分の既知としてインプット

 

 

・感想

2000年~2016年、日本の労働生産性は先進国の1位から最下位に転落しました。

それは紛れもない、PCの普及によるデジタル化の時代の乗り遅れたことが原因であると著者は言っています。

日本は世界的に見ても食や歴史、治安などの文化水準は非常に高く、誇るべきところであると感じます。

しかし、デジタル化が加速する現代において、その分野での地位というのは確立できていないのが事実です。

 

本書では、「妄想」によるアイデアの捻出、そして既知×既知が未知を生み出す、ということに関して書かれています。

 

デジタル社会に出遅れた日本に、または現代で新しい発想力を求められているあなたに必要なのは、「妄想」「既知」です。

 

 

 

ぜひ本書を読んで、「発想」の根幹を知り、新しい「発想」を生み出していただきたいです。

 

生産性の低下した日本に必要なイノベーションを起こすのはあなたかもしれません。

 

 

 

メモの魔力

f:id:imawoikru:20210417082102p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「メモの魔力」です。

著者:前田裕二

 

 

 

 

 

あなたはメモを普段取りますか?

 

仕事やプライベートの時間で、何かアイデアを思いついたり、忘れては困ることがあったときに、メモを取っている方もいると思います。

 

本書では、そんなメモを徹底的に極めた著者が思う、「メモの魔力」について知ることができます。

 

 

・内容

■メモとは

・メモやノートは記憶をさせる第2の脳

   ⇓

メモは無限のハードディスク

 

・メモは知的生産のために使う!

・メモの本質は振り返り

~メモの書き方~

ファクト → 抽象化 → 転用 で書く。

 

 

■抽象化

「抽象化」こそがメモの根幹

「抽象化」はWhat,How,Whyの3つの型で行う

 

 

■自分軸

・「自分は何をやりたいのか?」・・・自分を知る!

①自分を知る②Whyで深掘り

 

メモとは自己分析 → 自分軸の形成 → 夢をかなえる

 

 

・感想

身の回りで、人が話をしているときに必要にメモを取っている人を見たことがありますでしょうか?

 

最近はメモを取る人が減り、メモを手に持っていても中身の無いメモを取っている人が多いように感じます。

 

斯くいう私も、この本に出会うまではメモの存在を疎かにしていました。

 

実際に本書のやり方でメモを取り始めると、相手の会話や自分の発想から新たな転用がたくさん生まれ、実際の行動まで変わります。

 

 

いきなりですが、あなたは自己分析をしたことがありますか?

 

就職活動や学校の授業でされた方はいらっしゃるかもしれませんが、私生活で徹底的に自己分析をした方というのは聞いたことがありません。

本書では、その自己分析をすることで、自分の価値観の中心には何があるのか?自分とは一体何なのかを深掘りすることができ、「自分軸」を確立することで将来の形が見え、現在の行動が変わるということを言っています。

 

実際の自己分析の質問などは本書の最後のページに載っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

私も実際にやってみましたが、自分の思う以上に自分の中から言葉が出てきて、新しい自分を知ることができました。

 

 

本書を読んでいただき、自己分析だけを目的にせずとも、一度メモに関して考え、その魔力に触れていただければ幸いです。

 

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

以上です。

 

スマホ脳

f:id:imawoikru:20210415060027p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

スマホ脳」です。

著者:アンデシュ・ハンセン

訳:久山葉子

 

 

 

 

 

あなたは1日に何時間スマホを見ていますか?

 

そのスマホが人間の脳に与えている影響をご存じでしょうか?

 

 

 

・内容 

■人間は現代社会に適応するように進化していない

 →人類の歴史を1万個の点にしたとき、、、9500個は狩猟採集生活

 

~狩猟採集生活と現代の違い~ 

人間は危険を感じたとき、闘争か逃走かの判断をする。

①狩猟採集生活時代の危険=ライオン →ストレスが短期的=人間の本来の脳   

②現代の危険=スマホ →ストレスが長期的=人間の本来の脳では対応できない

→脳の機能が低下(不眠・うつ・食欲不振)

 ・うつになるのは自分のせいじゃない。進化したとおり働いているだけ。

 

 

 

■集中

    人間の機能の中で著しく限定された領域

 

・火災報知機の原則

狩猟採集生活時代の危険 → さまざまなものに集中力を分散させて対応(どこから敵が狙ってくるかわからない)

火災報知器の原則=複数のことをすることでドーパミンが出る脳の仕組み

                ⇓

       スマホ依存の原因

 

スマホ依存による弊害~

報酬を先延ばしにする能力の低下

幸福度の低下

「共感的配慮」・「対人関係における感受性」の低下

 

 

・感想

本書を開くと、いきなりページ中に1万個の点が書かれています。

これは冒頭で説明した、人類史を1万個の点にしたときの比喩で、現代人の歴史は500個分。現代の人間の歴史は人類という歴史の中(本のページ)の一部分にすぎないのだということが視覚的にわかりやすく表現されていて、とてもインパクトがあり、わかりやすかったです。

 

 そうです。

現代人は遥か何億年もの前に生まれた先祖のほんの一部分なのです。

 

それを踏まえて、スマホと脳の関係を見ていくと、スマホが人間の本来の脳に適応している部分と、適応していない部分がわかり、とても勉強になりました。

 

 

スマホが脳に与える影響に関して、特にお伝えしたいことが、人間の脳は長期的なストレスに耐性がないということです。

 

狩猟採集時代は他の肉食獣から、闘争か逃走かを瞬時に選択する必要があり、それはあくまで短期的なストレスでした。

しかし、現代ではスマホという長期的なストレスの存在により、健康寿命は伸びたものの、精神的障害(うつや不眠症神経症)が飛躍的にふえてしまっています。

 

 

はっきり言います。

スマホは便利です。

 

しかし、その便利さにかまけて、その陰に潜む闇(依存、うつ、不眠症等)に気づけないでいると、あなたの脳の機能は低下し続けるでしょう。

 

 

本書があなたにとって、改めてスマホとの付き合い方を考える一助になれば幸いです。

 

 

スマホ脳(新潮新書)

スマホ脳(新潮新書)

 

 

「めんどくさい」がなくなる本

f:id:imawoikru:20210414062023p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「『めんどくさい』がなくなる本」です。

著者:鶴田豊

 

 

 

 

あなたは「めんどくさい」と思って、物事が手につかないことはありませんか?

 

 

本書では、そんな「めんどくさい」のメカニズムを徹底解説しています!

 

 

・内容

・行動するのにやる気やモチベーションは関係ない!

 

~めんどくさい発生のメカニズム~

「やらなきゃ」と思う

    ↓

いろいろと考えてしまう

    ↓

「めんどくさい」と感じる

 

 

 

■行動するのがめんどくさいを無くす4つの原則

①「やらなきゃいけないこと」を減らす!

②「やらなきゃ」と思わないようになる!

③「やらなきゃ」と思ってもいろいろと考えない!

④工夫して、とにかく行動する!

 

 

■「やらなきゃいけないこと」を減らす3ステップ

①紙に書く!(○○がめんどくさい!等)

②自問する!(自分はこれをする必要があるのか?)

③「自分はやらない」という選択

 

 

■考えない力

行動力を上げるには考えない力を身に付ける!=瞑想

「ネーミングウォーク」

、、、ふと目にしたものに1つの単語をつける。

→頭に浮かんでくる考えが出てこなくなる。

 

 

 

 

・感想

「めんどくさい!」と思うことは人間誰にでもある考えです。

しかし、本書のように、その「めんどくさい!」のメカニズムに関して論じている本というのはそう多くはないでしょう。

カニズムを知ると、自分の頭の中が整理され、より「めんどくさい!」に立ち向かう勇気と方法を知ることができます!

 

 

本書の中で、1番印象に残ったのが「私たちの生活で、『やらなきゃいけないこと』なんて存在しない」という言葉でした。

たしかに、仕事をしなくても死にませんし、洗濯物を1日しなかったところで次の日にすれば済む話。

普段、私たちが思っている「やらなきゃいけないこと」というのは自分たちが勝手に思っている幻想だということです。

 

少し仕事ができていなかったり、失敗したことに文句や愚痴を言ってきて、必要以上に攻撃してくる人もいると思いますが、そんな人は無視しましょう。その人は幻想に夢中なのです。

 

行動心理コンサルタントとして、さまざまな国で講演活動などを行う、著者の「めんどくさい」に対する考え方は必見です!

 

 

 

本書を読んで、あなたとあなたの「めんどくさい」が上手く付き合っていく一助になれば幸いです。

 

「めんどくさい」がなくなる本

「めんどくさい」がなくなる本

  • 作者:鶴田豊和
  • 発売日: 2015/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

以上です。

 

一度読むだけで忘れない読書術

f:id:imawoikru:20210413143440p:plain

おはようございます!

アドちゃんです!

 

本日ご紹介する本は、、、

「一度読むだけで忘れない読書術」です。

著者:池田義博

 

 

 

 

 

あなたは「速読」という言葉を聞いたことがありますか?

 

本書はただの「速読本」ではありません!

 

本書で紹介されているのは人類史に基づいた「忘れない」読書術です。

 

 

 ・内容

・人類史が始まって99%は文字が無かった!

 → 脳は「文字」を認知する機能が組み込まれていない。

 

「イメージドリブン読書」、、、3つのイメージ(人間本来の脳)で読む。

映像化、、、カタチある具象語をビジュアル化する

シンボル化、、、カタチの無い具象語にカタチを加える

図式化、、、言葉同士のロジックを瞬時に把握

 

ワシントン大学の研究、、、

文字と言葉だけの伝達では72時間後に10%しか記憶に残っていない。写真や画像を加えると65%が記憶に残る。

 

 【実践編】

・脳のパフォーマンスが上がる時間帯に読む!

(早朝、午前中、夕方、就寝前→ 空腹時)

・各章のイメージを関連付けて覚える

 ・各章が終わるごとにその章のイメージを思い描く

・何かを覚えるのに音はマイナス要因

 → 記憶競技では耳栓をする

ローズマリーは記憶を高める作用がある

・締め切り効果、、、時間の制限により集中力アップ!

→人間の集中力は15分~25分が限界

 

 

 

・感想

人類史の99%が文字を使ってこなかったから、文字に関する認知機能が欠けているというのは、とても納得のいくエビデンスです。

 

たしかに、文庫やビジネス書などの書籍より、コミックや映画などのイメージが出来上がっているものの方が好まれるのは、そういった人間の脳の機能が関係しているのだと思われます。

 

本書では、カタチあるもの、カタチのないものを抽象化して、それを関連付けていくイメージドリブン読書の練習ができる問題がたくさん用意してあり、実際にやってみました!

正直、とても脳が疲れました。

普段それだけ使っていない機能だということがわかったのと同時に、記憶への定着レベルが非常に高いことを実感しました。

本書を読んで以来、イメージ化することを意識しながら本を読むようになり、脳のパフォーマンスが確実に上がっているのを感じます。

 

著者の池田義博さんは日本記憶力選手権で6連覇を果たしている、言わずと知れた記憶のエキスパートです。

 

 

 

本書を読むことで「忘れない」読書術を身につけ、それがあなたの人生のお役に立つものであったなら幸いです。

 

一度読むだけで忘れない読書術

一度読むだけで忘れない読書術