本と生きる

書店員が人生のヒントとなる本を紹介していきます。

大学4年間の西洋美術史が10時間でざっと学べる

おはようございます!

アドちゃんです!

本日ご紹介する本は、、、

「大学4年間の西洋美術史が10時間でざっと学べる」

です!

著者:池上英洋

 

 

 

 

 

 

 

あなたはなぜ美術が生まれたのか、その意味は何なのかご存じですか?

 

本書は普段美術に触れない方や、絵画や美術史に興味がある方には必見です!

 

〈目次〉

 

第1部 西洋美術史を楽しむために

・文字の読み書きができるようになったのは最近のこと

→人に何かを伝えたいと思ったときに美術を使った。

=美術は誰かに何かを伝える機能

美術とは伝達手段!

 

・美術史とは作品を通して「人間を知る」こと、「自分自身を知る」こと。

・社会的・精神的背景を見て、「その絵がなぜ描かれたのか」を考える。

 

 

第2部 西洋美術がもっと楽しくなる名画の見方

フェルメール<手紙を読む青衣の女>

ソース画像を表示

17世紀まではほとんどの女性が文字の読み書きができなかった。

→当時の社会的背景。

よって、手紙を読む女の絵というのが当時としては先進的であった。

 

・ミレー<落穂拾い>

ミレー 落ち穂拾い に対する画像結果

絵の奥に立派な馬に乗った人物(支配階級)の描写。

落穂を拾う農民を監視している。

→当時の階級格差を描いていた。

 

クリムト<女の三世代>

ソース画像を表示

老女・若い女・赤ん坊を描くことで命の短さを表現。

→「人生の儚さ」を表現

 

 

第3部 西洋美術の「技法」「ジャンル分け」を知る

<美術の技法の発展>

▼技法

モザイク、、、美しいが大金がかかる

フレスコ、、、コストは下がるが短時間で描く必要がある

テンペラ+木の板、、、コストが下がり、急いで描かなくていい

油彩+カンヴァス、、、塗りなおしが簡単

 

※素描(スケッチ)→すべての美術の基本!

 

▼ジャンル

①宗教画     ④静物画     

肖像画     ⑤自画像

③風景が     ⑥風俗画

 

 

第4部 西洋美術の「歴史」を学ぶ

ルネサンス美術」・・・14世紀末~15世紀初頭 フィレンツェにて花開く

<主な画家>

ブルネッレスキ、マザッチョ、ドナロッテ ※初期ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロ、ラファエッロ ※盛期ルネサンス

 

バロック・・・17世紀 16Cの宗教改革に影響を受ける

<主な画家>

ベルニーニ

 

ロココ・・・18世紀 フランスにて1648年王立アカデミーが設立

曲線を多用した、やや装飾過剰な表現を特徴

<主な画家>

ブーシェ、ヴァトー、フラゴナール

 

新古典主義・・・1789年のフランス革命を機にロココが衰退

ヨーロッパ全土で古代ブームが起こる。徹底的な写実主義が特徴

<主な画家>

ダヴィット・アングル

 

ロマン主義・・・新古典主義への反発と近代化への不安から誕生。「個人の感性」

<主な画家>

ジェリコードラクロワ、フュースリ、ブレイク

 

印象派・・・19世紀後半のフランス モネの<印象、日の出>が酷評され、銘名!省略や簡素化を大胆に用いて、「印象」を忠実に再現する。

<主な画家>

モネ、ルノワール、シフレー、ピサロドガ

 

後期印象派・・・主な画家は、ゴーガン、ゴッホセザンヌ

 

第5部 「寓意画」「聖書画」「神話画」に隠された暗号を読み解く

「寓意画」→西洋絵画の主題の1つ

<ヴァニタス>=「儚さ」や「虚しさ」

 

・ピーテル・クラース<ヴァニタス>

ソース画像を表示

→燭台の日が消えるさま = 死が訪れることを表す儚さを表現

 

旧約聖書天地創造を描いた絵画

 

天地創造とは、、、

1日目に光と闇、2日目に天と地と海、3日目に植物、4日目に太陽と月と星、5日目に水中の生き物と鳥、6日目に土からアダム(人間)を創造。7日目に神が休み、安息日となる。→現在も日曜日が休みになっているのは、ここからきた習慣

 

 

 

■書評

今まで西洋絵画や美術そのものにまったく興味が無かったのですが、本書をきっかけに美術に興味を持ち、その歴史的背景などを知ることで「美術」の魅力を知ることができました。

 

そもそも「美術」というのは、娯楽の一種であると考えていましたが、西洋では誰かに何かを伝えるための手段として「美術」が存在したというのを知り、すべてのモノゴトには意味があるのだと感じました。

 

現代なら、誰かに気持ちを伝えるのに「絵」で伝えるなんてしないですよね?

でもそんな時代があったのです。

そして、美術が伝達手段であったことが現代まで続く美術史の一部だということ、「美術」の魅力の一つであると考えます。

 

 

 

本書を読み、影響を受けた私はすぐに美術館に行ってしまいました!笑

 

 

「絵画」や「美術」に興味を持っていない方は特に、本書を読むことでその魅力を存分に知ることができると思います!

ぜひご一読ください!

 

大学4年間の西洋美術史が10時間でざっと学べる

 

以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!