本と生きる

書店員が人生のヒントとなる本を紹介していきます。

借金400万円あった私が年収3000万円になったお金に愛されるノート

おはようございます!

アドちゃんです!

本日ご紹介する本は、、、

「借金400万円あった私が年収3000万円になったお金に愛されるノート」です!

著者:松浦有珂

 

 

 

 

 

あなたにはお金に関する悩みがありますか?

 

 

今回紹介する本ではお金に対する問題を解決する方法そのものではなく、まず「自分」を知ることがお金に対する問題を解決する方法の一歩であると書かれています。

 

 

■内容

▼お金と脳の仕組み

・お金とは「物」を手に入れるために作られ、「差」を無くすために生まれた。

・脳にはRAS(Reticular activating system)という脳内のGPSなるものが存在し、RASは脳にインプットされた情報をもとにさらなる情報を集める。また、それは潜在意識に蓄積し、無意識の行動(=「感受力」と「直観力」)につなげている。

 

▼ノート

・無意識の思考や行動に気づくために必要なのが、日々その記録をとること。

レーニング方法①9セルメソッド

レーニング方法②マインドマップ

※①②ともに詳細は本書記載

・ネガティブな感情はノートに書きだす(=感情デトックス

↳気持ちの整理や自分を客観視、チャレンジ向上、ストレス減、感情のコントロール効果

 

▼お金持ちワールド

・自由になるには従業員(employee)や自営業(self‐employed worker)ではなく、ビジネスオーナー(BusinessOwner)や投資家(investor)になる。

・今の仕事+起業して自分のビジネスをするのが取り組みやすい。

 

 

■書評

「自分を知ること」

あなたはどれだけ自分のことを知っていますか?

 

自分の嫌なこと、好きなこと、毎朝起きたからしていること、習慣、体調など、実は振り返ってみると自分でも気づいてない発見があるかもしれません。

 

私は本書で紹介されている9セルメソッドという、日々の自分の無意識に気付くトレーニングを実施しました。

すると1週間で自分が何に深く囚われているかを知ることができ、逆に何に幸せを感じるかなどのプラスの面も知ることができました。

 

お金の使い方に関しても、消費と浪費に分け、1週間を振り返ったときに浪費をしたときの自分の「浪費をしてがっかりした」という記録を見ることで、反省して次はしないように気を付けようと思うことができました。

 

ぜひ本書を読んで、「自分」を知り、そしてお金に愛される。そんな方々が増えれば幸いです。

 

 

 

借金400万円あった私が年収3000万円になったお金に愛されるノート

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

以上です。